MDSからのお知らせ

「EAグラフィックツール」を公開

「EAグラフィックツール」を公開しました。「EAグラフィックツール」は、データの可視化に特化したプログラム群です。以下のプログラムによって構成されています。

プログラム名プログラムの機能の概要
DDWinアメダス地点に対する暖房デグリーデー,冷房デグリーデーを計算し,その変動をグラフに描くプログラム。
SolMapアメダス観測地点の太陽位置図を描画するプログラム。
SkyMapアメダス地点の特定年月日時刻の天空放射輝度分布,天空輝度分布を,等距離射影で表した天空円上にカラーで描画するプログラム。
GmComvColorMapを描くための入力データを準備するプログラム。
ColorMapアメダス地点のデータ(何でもよい)により,日本全体、または指定した地域の地図上に,カラー諧調と等値線を表示するプログラム。

製品の紹介「拡張アメダス気象データ」

MDSからのお知らせ

  1. データの可視化に特化した「EAグラフィックツール」を公開...
  2. 斜面日射、斜面照度の計算機能を付加した、新しい基本セット、EA DataNavi6をリリース...
  3. 拡張アメダス(EA)気象データを、EnergyPlusの入力気象データであるEPWフォーマットに変換...
  4. 2016年11月18日、気象データシステムは、新しい拡張アメダス気象データを公開しました。
  5. 世界3726都市の気象データを収録した「WEADAC」の地点情報を公開しました。