使用許諾契約(WEADAC)

WEADACの使用にあたって(使用許諾契約及びサポートについて)

2011年9月1日 公開
2016年8月26日 更新
2016年11月2日 更新

1.著作者及び使用許諾権者について

本ソフトウェアWEADAC(以下,本ソフトウェアと呼びます)ならびに付属する解説書の著作者は,以下の2名です。これら2名の著作者を,以下では単に「著作者ら」と呼びます。著作者らの代表者は,赤坂 裕です。
   赤坂 裕
   武田和大
本ソフトウェアの使用許諾権者は株式会社気象データシステムであり,使用許諾および本「使用許諾契約」の変更などの事務手続きは使用許諾権者が担当します。

2.ライセンスキーの発行及び更新について

本ソフトウェアはダウンロード時点においては無料の「試用版」(機能制限)であり,所定の料金をお支払いいただいたお客様に「フル機能版」とするためのライセンスキーをお送りします。使用許諾権者は,本「使用許諾契約」の内容にすべて同意される場合に限り,お客様が本ソフトウェアを使用することを許可します。お客様が本「使用許諾契約」の内容に同意されない場合,無料版・有料版を問わず,使用許諾権者は,お客様が本ソフトウェアを使用することを許可いたしません。なお,ライセンスキーの有効期限は1年間です。期限切れ前に更新手続きと支払いをお済ませになったお客様には,ライセンスキーを再発行します。また,本使用許諾契約において,「お客様」とは使用許諾権者がライセンスキーを発行した者をいいますが,本使用許諾契約では,お客様及びお客様と同じ部署等に所属するお客様以外の2名までの者(お客様等と呼ぶ)が,4.1(1)のコンピュータで本ソフトウェアを使用することを認めています。

3.本「使用許諾契約」の位置づけについて

3.1 一般条項

本「使用許諾契約」に係る事項は,日本国の法律を準拠法とし,それに従って解釈されるものとします。

3.2 本「使用許諾契約」の変更

本「使用許諾契約」は,お客様と使用許諾権者の双方が署名した書面によってのみ,その内容を変更することができます。

4.許可事項及び禁止事項について

本ソフトウェアは,著作者らの所有物であり,著作権法によって保護されています。著作者らは,本ソフトウェアのうち,各人の作成した部分に対して所有権を引き続き保持しますが,本「使用許諾契約」に同意していただいたお客様には,使用許諾権者が本ソフトウェアの一定の使用権を設定します。この使用権によって設定されるお客様に許可される事項(許可事項),お客様が行ってはならない事項(禁止事項),及び本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの扱いに関する規定は以下の通りです。

4.1 許可事項

(1)本ソフトウェアを特定の1台のコンピュータで使用すること。

4.2 禁止事項

(1)本ソフトウェアに関して,使用許諾権者を介した契約なしに,その使用権を再設定したり,賃貸またはリース契約をしたりすること。
(2)本ソフトウェアのうち,ソースコードの公開されているもの以外のソースコードを調べたり,リバース・エンジニアリング,逆コンパイル,逆アセンブル,修正,翻訳,その他の試みを行ったりすること。
(3)本ソフトウェアのバージョンアップ用の媒体,または以前のバージョンとそっくり置き換えられる新バージョンを受け取った場合に,その後も本ソフトウェアの以前のバージョンを使用すること。

4.3 本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの扱い

(1)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,他のソフトウェアの入力データとして使用することを認めます。但し,そのソフトウエアをお客様等以外の者に使用させる場合は,原則として別途ライセンス契約が必要となりますので,そのような場合は使用許諾権者にお問い合わせください。
(2)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの一部を,説明の必要上,報告書や論文等に掲載することを認めます。ただし,データの掲載そのものが報告書や論文の主たる目的でない場合に限ります。本ソフトウェアから出力されたデータを掲載する場合には,本ソフトウェアから出力されたデータであることを明記して下さい。
(3)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,体系的に整理して公表することは認めません。
(4)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,お客様等以外の者が保持したり使用したりすることは認めません。

5.保証について

著作者らは,本ソフトウェアに法律違反・権利侵害が存在しないことを保証します。この保証内容に違反する事態が生じた場合のお客様への対応については,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者が協議の上,決定するものとします。上記の保証が,お客様に対する保証のすべてです。本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者は,このソフトウェアがお客様の特定の目的にかなうことやお客様が本ソフトウェアに必ずや満足されることを保証するものではありませんし,本ソフトウェアの操作中にオペレーションシステムによる割り込みが発生しないことや本ソフトウェアの内容にまったく誤りがないことを保証するものでもありません。また,本ソフトウェアの配給媒体に欠陥がないことも保証することはありません。

6.損害賠償について

著作者らおよび使用許諾権者は,特定の損害,間接損害,その他類似の損害に対する一切の責任を負いません。そのような損害には,本ソフトウェアの使用によって,お客様が何らかの利益を受け損なったり,データが消失してしまった場合や本ソフトウェアが使用不能になったりした場合も含まれます。そのような損害が生じる可能性について,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者が以前から警告していたとしても,損害に対する責任を負うことはありません。お客様は,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者に,損害賠償を求めないものとします。

7.本ソフトウェアで得られたデータ類の本「使用許諾契約」終了後の扱いについて

(1)本「使用許諾契約」の期間中に,本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータ類は,契約終了時に当該コンピュータから消去する必要はありませんが,そのような場合も,4.3(2),(3),(4)の条件は満たさなければなりません。
(2)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータ類を,契約終了後に他のソフトウェアの入力データとして使用する場合は,原則として契約の更新が必要になります。

8.本ソフトウェアのホームページについて

本ソフトウェアに関する情報は,以下のURLに示す株式会社気象データシステム(MDS)のホームページをご覧ください。
    株式会社気象データシステム(Meteorological Data System Co., LTD.)
    URL : http://www.metds.co.jp/

9.お問い合わせについて

本ソフトウェアに関するお問い合わせは,E-mailにて下記までお願いいたします。MDSのホームページにはお問い合わせのフォームがありますので,ご利用ください。(電話,FAX等でのお問い合わせは受け付けておりません。)
    E-mail : ea@metds.co.jp