設計用気象データ

公開している設計用気象データについて

1981~2000年の20年間のEA気象データをもとに842地点の空調設計用気象データを作成しています。空調設計用最大負荷計算に必要な、気温、絶対湿度、法線面直達日射量、水平面天空日射量、水平面夜間放射量、風向、風速の1日分の時刻別値が用意されています。

この空調設計用気象データは地点別に11タイプの設計用気象データを有しており、全地点のデータが一つのファイルを構成しています。11タイプの内訳は、暖房設計用6タイプ(気温―絶対湿度基準(危険率0.5%、1%、2%)、気温―水平面全天日射量基準(危険率0.5%、1%、2%))、冷房設計用5タイプ(エンタルピー気温基準)(危険率0.5%、1%、2%)、円柱面日射量―気温基準、円柱南面日射量―気温基準)となります。

上記の暖房用6タイプ、冷房用5タイプの設計用気象データの中からどれを選ぶかは、ユーザーによりますが、ユーザーの選択を支援し、選択したタイプのデータをファイルから呼び出してユーザーのパソコンに出力するツールがDsnNavi(設計用気象データ・ナビゲーションプログラム)です。DsnNaviはフリーのツールです。ご使用を希望される方は、設計用気象データのインストール方法(PDFファイル)及びソフトウエアマニュアル(PDFファイル)をご覧の上、ダウンロードして自由にご使用いただけます。

この空調設計用気象データは、一般社団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)がリリースしている建築物総合エネルギーシミュレーションツールBEST(The BEST Program)で使用することができます。

設計用気象データ ソフトウェアマニュアル

設計用気象データ ソフトウェアマニュアル
※ 設計用気象データは、プログラム「拡張セット2013年版」がインストールされた環境で使用できます。

設計用気象データ ダウンロード

DsnNaviは、以下の点等を改良するため、当面、ダウンロードサービスを停止させます。
どうぞご了承ください。

(1)拡張アメダス気象データの操作プログラムとのリンクを切り離し、単独で動作するように改良する。
(2)ユーザーインターフェースに一部機能を追加する。