EA気象データ/EPWフォーマット

EPWフォーマットとは

EPWは、EnergyPlus Weather Dataの略語で、建築と建築設備によるエネルギー消費量のシミュレーションに広く使用されているEnergyPlus用の気象データです。EnergyPlusは、米国のthe National Renewalbe Energy Laboratory(NREL)が管理しているフリーでオープンなプログラムです。EPWフォーマットとはEnergyPlusで読み込むことができるフォーマットの気象データです。(エナジープラスホームページ  https://energyplus.net/

「EA気象データ/EPWフォーマット」とは

拡張アメダス気象データ(以下、EA気象データ)は、EPWとはフォーマットが異なるため、EnergyPlusで読み込むことはできません。読み込めるようにするには、EA気象データのフォーマットをEPWフォーマットに変換しなければなりません。EA気象データのフォーマットをEPWフォーマットに変換し、EnergyPlusで読み込めるようにした気象データを「EA気象データ/EPWフォーマット」(略して、「EA/EPW」)と呼んでいます。
EA気象データとEPWでは登録されている気象要素数も異なります。EPWに登録されている気象要素は全部で29種類あります。(それらの中にはEnergyPlusで使われていない気象要素もかなり含まれています)EA気象データの基本気象要素は8(外気温、絶対湿度、水平面全天日射量、大気放射量、風向、風速、降水量、日照時間)ですが、EA気象データに附属するプログラム等によって気象要素を追加することができます。「EA/EPW」は、全部で20種類の気象要素を持っていますが、これは、もともとEA気象データに含まれている気象要素に、計算によってEPWに登録されている気象要素を追加したからです。

EPWフォーマットには、気象データの時系列値の他に、ヘッダー行、コメント行があり、指定されたデータを書き込む必要があります。「EA/EPW」に収録されている要素を下表に示します。詳細は本ホームページの技術解説「EA気象データのEPWフォーマットベの変換」(PDFファイル)をご覧ください。

EA/EPW 技術解説

「EA気象データ/EPWフォーマット」ヘッダー行とコメント行

Header1地点名,都道府県名,国名,EA種別,EA地点番号,緯度(小数点表示),経度(小数点表示),タイムゾーン(日本は9),標高(m)
Header2
設計条件(0を登録)
Header3
標準的な期間/厳しい期間(標準的な期間は季節別に1週間(全4週間),厳しい期間は冬・夏各1週間計2週間を登録)
Header4地中温度(深さ0.5m,2.0m,4.0mの月別地中温度を登録)
Header5休日/サマータイム(休日は日本の16の休日を登録)
Comment1
コメント行1(著作権等を記述)
Comment2コメント行2(地中温度の計算条件を登録)
Data Periodデータ期間の数,1時間あたりの間隔数,データ期間の名称,開始日の曜日,開始日(月日),終了日(月日)
(登録内容:1,1,Data,Sunday,1/1,12/31)

「EA気象データ/EPWフォーマット」時刻別データ 要素一覧

要素有無(〇/―)要素有無(〇/―)
①-⑥年,月,日,時,分,リマーク㉑風向[°]
⑦外気温度[°C]㉒風速[m/s]
⑧露点温度[°C]㉓雲量(0-10)
⑨相対湿度[%]㉔不透明雲量
⑩大気圧[Pa]㉕視程[km]
⑪大気圏外水平日射量[W/m2]㉖雲高[m]
⑫大気圏外法線直達日射量[W/m2]㉗気象状況
⑬大気放射量[W/m2]㉘気象コード
⑭全天日射量[W/m2]㉙可降水量[mm]
⑮法線面直達日射量[W/m2]㉚大気の光学的厚さ
⑯水平面天空日射量[W/m2]㉛積雪量[cm]
⑰グローバル照度[lx]㉜最後の積雪からの日数[日]
⑱法線面直射照度[lx]㉝アルベド
⑲天空照度[lx]㉞降水量[mm]
⑳天頂輝度[cd/m2]㉟降水時間[hr]

「EA/EPW」をEnergyPlusに読み込ませるには

「EA/EPW」をEnergyPlusで読み込ませるには、EnergyPlusに附属しているEP-Launchというプログラムで、使用するWeather Fileとして、使用したい年・地点の「EA/EPW」ファイルを選択します。EP‐Launchプログラムは、EnergyPlusをダウンロードするとそのメインディレクトリーに含まれています。EP-Launchプログラムでは、Weather Fileの選択の前に、まず計算条件、建物や空調設備の使用を設定したInput Fileを選択します。Input Fileは、EnergyPlusに附属しているIDF Editorによつて作成したり編集したりすることができます。Weather Fileを使用して年間の計算を行うには、Input Fileの「Simulation Control」で「Run Simulation for Sizing Period」を「No」、「Run Simulation for Weather File Run Periods」を「Yes」とし、「Run Period」で、「Begin Month,Begin Day of Month,End Month,End Day of Month」として、それぞれ、「1,1,12,31」を選択します。具体的にはEnergyPlusに附属する解説書(Getting Startedの入力事例等)を参照してください。

EA/EPW気象データ使用イメージ

「EA気象データ/EPWフォーマット」のサンプルデータダウンロード、動作例

「EA/EPW」データのサンプルは、以下のリンクよりダウンロードできます。
「EA/EPW」のサンプルデータ(実在年2010年、鹿児島806)

実際に、エナジープラス(ver.8.7.0)に「EA/EPW」を読み込ませ動作させた例を以下に示します。この例では、気象データとして、「EA/EPW 実在年2010年」の札幌、鹿児島、那覇を使用しました。この例では、月別の暖房負荷、冷房負荷を出力しました。

使用した建物モデル(energy plus 8.7.0 に同梱されているExercise1D-Solution.idf)

建物・条件設定ファイル(idfファイル)

「EA/EPW」実在年(2010年)を使用した 月別 暖房負荷 シミュレーション結果

暖房負荷シミュレーション結果

「EA/EPW」実在年(2010年)を使用した 月別 冷房負荷 シミュレーション結果

冷房負荷シミュレーション結果

「EA気象データ/EPWフォーマット」の入手方法

「EA/EPW」は、株式会社 気象データシステム(以下、MDS)からパッケージとして購入するか、MDSとライセンス契約を結ぶかにより、入手して使用することができます。パッケージの購入手続き、またはライセンス契約には、「EA/EPW」の使用許諾契約に合意したうえで進むことができます。ライセンス契約では、別途、ライセンス契約を結ぶ必要があります。使用許諾契約書及びライセンス契約書の一般的書式は本ホームページに掲載していますので、ご覧ください。パッケージ購入またはライセンス契約により「EA/EPW」を入手して使用する条件等は以下の通りです。なお、EA/EPWを格納した光学ディスクは暗号化されており、読み込みは以下のマニュアルにしたがって行ないます。
EA/EPW 使用マニュアル

1.パッケージとして「EA気象データ/EPWフォーマット」を購入する場合
(1) 1名のユーザーが、1台のコンピューターで使用することができます。
(2) 登録されたユーザーの変更はできません。
(3) MDSは登録いただいたユーザーの個人情報を、個人情報保護法に従って適法に管理します。
(4) 使用年数に制限はありません。
(5) データは附属文書類と共に1枚の光学ディスクに収められています。
(6) 提供した光学ディスクまたはデータに重大な不具合があるとMDSが認めた場合は、無償で交換します。
(7) 1995年版、2000年版、2010年版の標準年EA気象データに基づく「EA/EPW」を購入することがきます。
(8) 最小地点数は1標準年あたり10地点で、最小合計地点数も10地点です。1標準年あたり5地点単位で追加が可能です。ユーザーは地点を任意に選択することができます。
(9) 価格は1地点あたり2,000円(消費税込)です。

2.「EA気象データ/EPWフォーマット」の使用に関するライセンス契約を結ぶ場合
(1) 同一法人、同一研究室、またはそれらに類する組織等に所属するユーザー数が5名以上で、使用する地点数の合計が30地点以上の場合、または、同一研究室、またはそれらに類する組織等に所属するユーザー数が2~4名で、使用する合計地点数が60地点以上の場合に、ライセンス契約を結ぶことができます。※使用する地点数の条件に関しては(9)を参照
(2) ライセンスの期間は1年ですが、継続することができます。
(3) 登録されたユーザーは、妥当な理由があれば変更することができます。
(4) MDSは登録いただいたユーザーの個人情報を、個人情報保護法に従って適法に管理します。
(5) 登録されたユーザーは、使用するパソコンからネットワークドライブに置かれた「EA/EPW」にアクセスし、使用することが可能です。
(6) 使用を許諾したデータは、附属文書類と共に1枚の光学ディスクに収められています。
(7) 提供した光学ディスクまたはデータに重大な不具合があるとMDSが認めた場合は、無償で交換します。また、変換プログラムのヴァージョンアップ等により、MDSがデータを更新した場合は、契約の更新時に無償で新たなデータを提供します。
(8) 1995年版、2000年版、2010年版の標準年EA気象データに基づく「EA/EPW」を使用できます。
(9) 最小地点数は1標準年あたり10地点で、1標準年あたり5地点単位で追加が可能です。ユーザーは地点を任意に選択することができます。
(10) 使用はライセンス契約期間内に限られます。
(11) 年間使用料金は、「0.25× 地点数×ユーザー数×2,000円+消費税」です。
EA/EPW ライセンス契約の標準書式

「EA/EPW」パッケージ版 購入案内

パッケージの購入手続き、またはライセンス契約には、「EA/EPW」の使用許諾契約に合意したうえで進むことができます。ライセンス契約では、別途、ライセンス契約を結ぶ必要があります。使用許諾契約書及びライセンス契約書の一般的書式は本ホームページに掲載していますので、ご覧ください。「EA/EPWフォーマット」をパッケージ購入またはライセンス契約するにあたっての禁止事項と罰則についても、使用許諾契約をご覧ください。

拡張アメダス気象データから変換されたEPWフォーマットの気象データを使用するにあたって(使用許諾契約書)(パッケージ版購入者・ライセンス契約者共通)

2017年6月1日 公開

この契約書は,拡張アメダス気象データ(以下,EA気象データ)から変換されたEPWフォーマットの気象データ(以下,EA気象データ/EPWフォーマット,またはEA/EPW)を使用するに当たっての使用許諾契約書です。EA/EPWの購入やライセンス契約をお考えの方は,購入または契約締結の前に必ずお読みいただき,合意の上で購入または契約の手続きを行ってください。なお,本ホームページにEA/EPWのライセンス契約の一般書式を掲載していますので,ライセンス契約をお考えの方はそちらもご覧ください。

1. 定義

EA気象データ/EPWフォーマットとは,EA気象データからEPWフォーマットに変換された気象データをいいます。EA/EPWはその略称です。

2. 使用できるEA/EPWの範囲

3種類の標準年EA気象データ(1995年版,2000年版,2010年版)をEPWフォーマットに変換したEA/EPWを使用することができます。

3. 共通事項

3.1 一般条項

この文書中の契約に係る事項は日本国の法律を準拠法とし,それに従って解釈されるものとします。

3.2 著作権

EA/EPWの著作権は株式会社気象データシステム(以下MDS)が有します。

3.3 MDSの責任の範囲と制限

(1) EA/EPWをご購入していただいた後,またはライセンス契約していただいた後に,ファイル複製の誤り等,MDSの責による不具合が発覚した場合は,ご購入後60日間に限り,不具合の状況を確認の上,無償で交換いたしますので,MDSまでご連絡ください。
(2) 登録いただいたユーザーの個人情報を、個人情報保護法に従って適法に管理いたします。
(3) MDSは,直接,間接を問わず,EA/EPWの使用によって生じたいかなる損害の責任も一切負いません。

3.4 成果物の公表上の注意

EA/EPWを使用して得られた成果物を公表する場合は,商用・非商用を問わず,EA/EPWを使用した旨を成果物に記載してください。

4. パッケージ版購入者の使用条件,選択範囲,納入方法,禁止事項

4.1  EA/EPWの使用条件

(1) 1名のユーザーが,1台のコンピューターで使用することができます。
(2) 購入時にユーザー名が登録させていただきます。登録されたユーザーの変更はできません。
(3) 使用年数に制限はありません。

4.2 ユーザーによるEA/EPWの選択の範囲

(1) ユーザーは標準年の種別及び地点を任意に選択することができます。
(2) 購入できる最小地点数は1標準年あたり10地点で,最小合計地点数も10地点です。1標準年あたり5地点単位で地点の追加が可能です。

4.3  EA/EPWの納入方法

附属文書類と共に1枚の光学ディスクに収めて納入します。

4.4 禁止事項

(1) EA/EPWが格納された光学ディスクを複製することはできません。
(2) EA/EPWの一部または全部を第三者(購入したユーザー以外のすべての者)に提供することはできません。

5. ライセンス契約者の使用条件,選択範囲,納入方法,禁止事項

5.1  EA/EPWの使用の条件

(1) 同一法人,同一研究室,またはそれらに類する組織等に所属するユーザー数が5名以上で,使用する地点数の合計が30地点以上の場合に,ライセンス契約を結ぶことができます。
(2) 同一法人,同一研究室,またはそれらに類する組織等に所属するユーザー数が5名に満たない場合であっても,ユーザーが複数であって,使用する合計地点数が60地点以上であれば,ライセンス契約を結ぶことができます。
(3) ライセンスの期間は1年ですが,継続することができます。
(4) ライセンス契約時に全ユーザー名を申告していただきます。申告により登録されたユーザーは,ユーザーの担当業務の変更や配置換え等の妥当な理由があれば変更することができます。
(5) 登録されたユーザーは,使用するパソコンからネットワークドライブに置かれたEP/EPWにアクセスして使用することができます。
(6) 変換プログラムのバージョンアップ等によりMDSがEA/EPWを更新した場合は,契約更新時に無償で新たなEA/EPWを提供します。
(7) 使用はライセンス契約期間内に限られます。契約が終了した時点でパソコンやサーバーにおかれたEA/EPWをすべて消去し,EA/EPWが格納された光学ディスクをMDSに返却していただきます。

5.2 ユーザーによるEA/EPWの選択の範囲

(1) ユーザーは標準年の種別及び地点を任意に選択することができます。
(2) 最小地点数は1標準年あたり10地点で,1標準年あたり5地点単位で追加が可能です。合計最小地点数は5.1 (1),(2)の通りです。
(3) 契約途中での地点の変更は原則として認められません。

5.3  EA/EPWの納入方法

附属文書類と共に1枚の光学ディスクに収めて納入します。

5.4 禁止事項

(1) EA/EPWが格納された光学ディスクを複製することはできません。
(2) EA/EPWの一部または全部を第三者(ライセンス契約により登録されているユーザー以外の者)に提供することはできません。

6. EA気象データのユーザーの禁止事項

購入またはライセンス契約によりEA気象データを使用しているユーザーが,自らEA気象データを変換したEPWフォーマットの気象データを,第三者(EA気象データを購入またはライセンス契約により使用しているユーザー以外の者)に提供することはできません(EA気象データの使用許諾契約に従い,ユーザー自身が使用することは差支えありません)。

7. 購入またはライセンス契約によらない者の禁止事項

EA/EPWをMDS以外の者から譲り受けたり、インターネットを通じて取得したりして使用することはできません。

8. 禁止事項に抵触する行為を行った場合の罰則

(1) EA気象データ及びEA/EPWは著作権法によって保護されており,上記の禁止事項に抵触する行為を行ったことが発覚し,MDSが告訴した場合は,著作権法の規定(著作権法第119条,124条等)によって,禁固刑,罰金が科せられます。
(2) 上記の禁止事項に抵触する行為により損害を被った場合は,MDSは,民事上の措置により(民法第709条等),著作権侵害による損害賠償請求,差止請求,不当利益返還請求等を行います。

9. カスタマイズ等

EA/EPWに関するカスタマイズ等については,MDSまでご相談ください。

10. EA及びEA/EPWに関する情報について

以下のURLに示すMDSのホームページをご覧ください。
株式会社気象データシステム(Meteorological Data System Co., Ltd.)
URL : http://www.metds.co.jp/

11. お問い合わせについて

拡張アメダス気象データの内容に関するお問い合わせは,E-mailにて下記までお願いいたします。MDSのホームページにお問い合わせのフォームがありますので,ご利用ください。
(電話,FAX等でのお問い合わせは受け付けておりません。)
E-mail : ea@metds.co.jp

注文