TB1 for Windows

TB1 for Windows ~ 壁体の断熱性能評価 ソフトウェア

省エネ基準では、住宅の外皮の熱貫流率は平均熱貫流率で表わされます。(エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準の一部改正、平成28 年1 月29 日)

省エネ基準の平均熱貫流率は、外皮からの貫流熱率と熱橋(構造部材、下地材、窓枠等)からの貫流熱率で構成されています。上記の熱橋とは線熱橋でその熱貫流率とは線熱貫流率のことですが、熱橋は外皮にも含まれています。そのため、外皮の貫流熱は、外皮を構成する材料の種類及び厚さ、熱橋により貫流する熱量等を勘案して算出すること、とされています。

外皮に含まれる熱橋とは、熱が外皮を貫流する方向に含まれる熱を通しやすい材料や構造をいいます。外皮に熱橋が含まれていると、断熱力が低下して貫流熱が大きくなったり表面温度が低下したりして、断熱性能や居住性能の低下をもたらします。

TB1 for Windows は、外皮に含まれる熱橋を考慮した熱貫流率を計算する2 次元差分計算によるツールです。熱橋部の熱性能評価は、冬季の外皮の室内側表面温度の局部的な低下、結露、カビの発生等の温熱環境の劣化の診断にも必要です。そのため、TB1 for Windows は、実質熱貫流率(熱橋を考慮した熱貫流率)のほか、外皮内部の温度分布や外皮の室内側表面の最低温度等を表示する機能を有しています。

TB1 for Windows は無料でダウンロードできます。動作保障と起動に関するサポートは終了していますが、現行のWindows で動かないということではなく、ユーザが実行可能な限り使用することができます。

TB1 for Windowsの入出力インターフェイス

     入力画面          物理値入力画面      壁体の熱性能値の結果

図1 入出力インターフェイス

TB1 for Windowsを使った実質熱貫流率計算例

以下の計算例の説明では、平均熱貫流率という用語を、外皮の断面構造が異なる部位毎に計算した熱貫流率をそれらの部位の面積で重みづけした熱貫流率という意味に用いています。また、実質熱貫流率とは熱橋を考慮した熱貫流率をいい、熱橋係数とは実質熱貫流率を平均熱貫流率で割った値をいいます。

熱橋係数は平均熱貫流率の割増係数です。熱橋係数が大きい場合は、一般的にいって、熱橋の影響を軽減する工夫が不十分です。このように熱橋係数は、断熱構造の良否の判定基準でもあります。熱橋係数が大きい場合は、断面構造を改善し、できるだけその値を小さくする工夫をすべきです。ここでは室温20℃,外気温0℃として計算した例を図2,図3に示します。

図2 計算対象壁体断面図

図3 計算出力結果画面

TB1 for Windowsでは、壁体の平均熱貫流率・実質熱貫流率・熱橋係数・各断面の熱貫流率が計算されます。平均熱貫流率の大きな壁体は断熱不足であり,実質熱貫流率の小さい壁体ほど省エネルギー効果が高いことが分かります。壁体内部の温度分布は等温線によって表現され,室内側表面の最低温度点とその温度が示されます。

図3では,鋼材に挟まれた空気層の室内側表面の位置に15.5℃の最低温度が現れています。室内空気の露点温度が壁体の表面温度よりも高いと表面結露が発生します。また,20℃の空気は相対湿度75%で露点温度が15.5℃となります。よって,この場合室内相対湿度75%以上で表面結露が発生する結果となりました。

TB1 for Windows ダウンロード案内

こちらからTB1 for Windowsを無料ダウンロードすることができますが,以下に示す使用許諾契約の内容に同意し、入力フォーム画面に必要事項を入力した場合に限ります。同意していただけない場合には無料ダウンロードを行うことはできません。
注)動作保障と起動に関するサポートは終了していますが、現行のWindows で動かないということではなく、ユーザが実行可能な限り使用することができます。

「TB1 for Windows」使用許諾契約

はじめに

本ソフトウェア「TB1 for Windows」の著作者は、それぞれ以下の3名です。これら3名の著作者を、以下では単に「著作者ら」と呼びます。
赤坂 裕(鹿児島大学)
二宮秀與(鹿児島大学)
武田和大(鹿児島工業高等専門学校)
本ソフトウェアの供給および本「使用許諾契約」の変更などの事務手続きは,株式会社気象データシステム(以下MDS)が担当します。

ご注意

著作者らは、本「使用許諾契約」の内容にすべて同意される場合に限り、お客様が本ソフトウェアを使用することを許可します。お客様が本「使用許諾契約」の内容に同意されない場合、著作者らはお客様が本ソフトウェアを使用することを許可いたしません。

使用許諾契約および保証

本「使用許諾契約」に付属する本ソフトウェアは、著作者らおよび本ソフトウェアの使用許諾権者の所有物であり,著作権法によって保護されています。著作者らは、本ソフトウェアのうち,各人の作成した部分に対して所有権を引き続き保持しますが、本「使用許諾契約」に同意した者に,本ソフトウェアの一定の所有権を設定します。本「使用許諾契約」が許諾保遺条項によって修正されることがない限り、設定される本ソフトウェアの使用権は以下の通りです。

許可事項

(1) 本ソフトウェアのコピーを1つだけ、1台のコンピュータで使用すること。
(2) 本ソフトウェアのコピーをバックアップの目的で1つだけ作成すること。
(3) 本ソフトウェアをネットワーク上で使用すること。ただし,ネットワークを介して本ソフトウェアを使用できるすべてのコンピュータが,本ソフトウェアの使用を許可されている場合に限ります。

禁止事項

(1) 本ソフトウェアに関して,MDSを介した契約なしに,その使用権を再設定したり、賃貸またはリース契約をすること。
(2) 本ソフトウェアのうち,ソースコードの公開されているもの以外のソースコードを調べたり、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、翻訳、その他の試みを行うこと。
(3) 本ソフトウェアのバージョンアップ用の媒体、または以前のバージョンとそっくり置き換えられる新バージョンを受け取った場合に、その後も本ソフトウェアの以前のバージョンまたはそのコピーを使用すること。

保証について

著作者らは、本ソフトウェアに法律違反・権利侵害が存在しないことを保証します。この保証内容に違反する事態が生じた場合のお客様への対応については、本ソフトウェアの著作者らおよびMDSが協議の上、決定するものとします。

上記の保証が,お客様に対する保証のすべてです。本ソフトウェアの著作者らおよびMDSは、このソフトウェアがお客様の特定の目的にかなうことや,お客様が本ソフトウェアに必ずや満足されることを保証するものではありませんし、本ソフトウェアの操作中にオペレーションシステムによる割り込みが発生しないことや、本ソフトウェアの内容にまったく誤りが無いことを保証するものでもありません。また、本ソフトウェアの配給媒体に欠陥が無いことも保証することはありません。

損害賠償について

著作者らは、特定の損害、間接損害、その他類似の損害に対する一切の責任を負いません。そのような損害には,本ソフトウェアの使用によって、お客様が何らかの利益を受け損なったり,データが消失してしまった場合や,本ソフトウェアが使用不能になったりした場合も含まれます。そのような損害が生じる可能性について、本ソフトウェアの著作者らおよびMDSが以前から警告していたとしても,損害に対する責任を負うことはありません。お客様は、本ソフトウェアの著作者らおよびMDSに、損害賠償を求めないものとします。

その他

本「使用許諾契約」は,日本国の法律に従って扱われます。本「使用許諾契約」は、本契約に付随する許諾保遺条項,またはお客様とMDS双方が署名した書面によってのみ、その内容を変更することができます。この件で連絡をとりたいお客様は、下記の住所までの手紙もしくは下記のEmailでご連絡ください。

〒890-0065 鹿鹿児島県鹿児島市郡元1-21-40鹿児島TLO内
株式会社気象データシステム ea@metds.co.jp

上記の使用許諾契約に同意しますか?同意される場合にのみダウンロードページに移動できます。

バナー