WEADAC

WEADACとは

室内環境を維持するためのエネルギーは有限で、地球環境保全のためには周辺地域との共生が求められます。省資源・省エネルギー、すなわち地球環境にやさしい建築づくりを実現するためには、その土地の気候風土を理解し、その特徴を生かした空調計画を立案することが基本となります。

世界各国で空調計画を立案するためには、その土地の気候を客観的な数値で表す気象データが必要です。ここでいう空調計画とは、冷暖房装置設計のための設計熱負荷計算、及び年間エネルギー消費量を検討するための月別の平均熱負荷計算に基づく空調計画を意味しています。

世界各地の気候風土を考慮した空調計画を可能にするために世界3726都市の気象データを整理し、これらの気象データをWEADACに搭載しました。ユーザが、世界の任意地点の緯度・経度をWEADACに入力すると、WEADACは3726地点の中から、入力された緯度・経度に近い10の候補地を出力します。ユーザがそれらの候補地から1地点を指定すると、WEADACは指定された地点の設計熱負荷計算、及び平均熱負荷計算のための気象データを作成します。

なお、WEADACは気象データを作成するアプリケーション・ソフトウエアであり、熱負荷計算の機能は持っていません。WEADACが作成する気象データは熱負荷計算で必要とされる気象要素の一日分の毎時別値であり、このデータを用いた熱負荷計算は、通常、周期的定常計算により行われます。WEADACが作成した気象データを用いて熱負荷計算を行う際には、周期的定常計算が可能な、しかるべき熱負荷計算プログラムを用いることをお勧めします。

WEADACには、BESTで直接使用することができるフォーマットで気象データを出力する機能を追加しました。この機能を用いると、WEADACの気象データを、熱負荷計算にとどまらず、BESTが提供する各種計算サービスにつなげることができます。

以下に、WEADACに収録されている世界の都市の分布、収録されている気象要素の種類、WEADACによる設計熱負荷計算及び月別平均熱負荷計算用の気象データの作成手順、BEST用気象データの作成手順、及びWEADACを用いて世界数都市の空調熱負荷計算を行った事例等を紹介します。

世界3726都市の気象データ

WEADACに収録されている3726都市の世界分布を図1に示します。地図上をクリックすると、地点を示したグーグルマップが開きます。

図1 収録された世界の各都市

WEADACで作成可能な時別気象データ

表1 WEADACで作成可能な時別気象データ
1.冷房設計用気象データ夏季厳暑日の気象条件で冷房装置設計のための気象データ
2.暖房設計用気象データ冬季厳寒日の気象条件で暖房装置設計のための気象データ
3.各月代表日気象データ各月代表日の気象条件で年間エネルギー消費量検討のための気象データ
[ 1月~12月 ]

WEADACでは、目的都市付近の緯度・経度を入力するだけで、冷房設計用気象データ、暖房設計用気 象データ、月代表日気象データを作成できます(表1)。これらのデータには、1時間毎の気温、湿度、日射量、 夜間放射量、風向・風速、太陽位置が含まれています。

WEADACによる任意都市の気象データ作成方法

1.テキスト形式での気象データ作成

WEADACに対象都市付近の緯度経度を入力し、「検索」をクリックすると入力された緯度経度に近い10都市を候補として表示します。10都市の中から目的の都市をダブルクリックするとデータファイル出力に関する設定画面が表示されます。

設定画面では、出力するファイル名、暖房月、冷房月が選択された都市の気象データに基づいて自動で入力されていますが、それぞれの項目については任意に指定することもできます。ユーザーはデフォルト値と異なる設定を行いたい項目だけをここで書き換えます。設定後、「テキスト形式で出力」ボタンを押すと、各代表日の時別気象データ及び暖房月・冷房月の設計用気象データがテキストファイルで保存されます図2に入力画面からデータ出力までのフローを示します。

図2(1)対象地点付近の緯度・経度の入力     図2(2)暖房・冷房設計対象月の設定

図2(3)ファイルの完成を知らせる画面

図2(4)作成されたニューヨークの時別データ出力画面の一部

2.BEST用気象データの作成

都市、暖房月・冷房月、出力先の設定は、(1)と同様の手順で行います。その後「BEST用データ形式(*.bud)で出力」をクリックすると、各月代表日の時別気象データ及び暖房月・冷房月において作成した設計用気象データがBEST対応形式で保存されます。出力されたファイルは、BESTで計算する際に用いる気象データとして利用することができます。

世界各地における空調熱負荷の比較への応用例

具体例として、WEADACを用いたモスクワ、パリ、サンフランシスコ、東京、シンガポール、シドニーの月平均日時別気象データ(表2の③)を作成し、各都市の空調熱負荷を計算した結果を示します。ここでは各都市に同じ建物(建築学会のオフィス用標準問題モデル)があると仮定して、空調熱負荷計算プログラム(MICRO-PEAK/ 1987)により空調熱負荷を計算しました。図3に各月の平均日における空調負荷を示すと、以下の点が明らかとなりました。

図3 世界6都市の空調熱負荷の予測(各月の平均日気象データに基づく)

  1. モスクワでは、冬季に暖房のピーク負荷が200W/㎡(東京の約2倍)にまで達しています。また冷房のピーク負荷は東京を若干下回る程度にまで達し、空調負荷の季節間格差が大きいことが分かります。
  2. パリは東京よりも緯度が11°高いが、空調負荷は以外に類似していることがわかります。
  3. サンフランシスコは冷房が主体で暖房に要するエネルギーは少ないものと推測されます。
  4. 赤道付近のシンガポールでは年間を通して冷房が必要で、冷房のピーク負荷は東京を上回っています。
  5. 南半球のシドニーでは、日本の冬季に相当する11月~3月にかけて冷房が必要です。

このように、本気象データベースから作成した時別気象データを空調熱負荷計算に応用すれば、世界各地の空調熱負荷を知ることができ、空調計画の立案に有益な情報が得られことになります。

WEADACご購入案内

  1. WEADACは、弊社からのインターネット販売を行っています。
  2. まずは試用版のダウンロードを行ってください。注)試用版では機能制限があります。
  3. 試用版をダウンロードいただき、所定の料金をお支払いいただくことにより、機能制限を解除しフル機能版として使用するために必要なライセンスキーを発行いたします。
  4. ライセンスキーの有効期限は発行後1年間とさせていただきます。

WEADACのライセンス契約

  1. WEADACは、個人のお客様がご購入の上使用される他に、お客様が複数の場合等は、お客様が所属する法人等と使用許諾権者(MDS)がライセンス契約を交わしたうえで使用することもできます。法人等のお客様とMDSとのライセンス契約に関しては、使用者数、使用地域、使用方法等に応じ、個別に契約を結ばせていただきます。
  2. WEADACを使用してコンピュータに蓄えられたデータを、他のソフトウェアの入力データとして使用することはできますが、そのソフトウェアをお客様等以外の者に使用させる場合は,原則として別途ライセンス契約が必要となります。
  3. ライセンス契約に関する詳細はMDSまでお問合せください。

初めてWEADACを使用されるお客様へ

はじめに試用版のダウンロードをお願いします。試用版は以下からダウンロードできます。なお、試用版をダウンロードすると本ソフトウェアのマニュアルも同一フォルダ内に保存されていますので、詳しい使用方法などを確認することができます。注)WindowsXP以降のOSでの動作を確認しています。

こちらからWEADAC試用版のダウンロードを行うことができます。ただしユーザーは、以下に示す使用許諾契約の内容に同意する必要があります。

WEADACの使用にあたって(使用許諾契約及びサポートについて)

2011年9月1日 公開
2016年8月26日 更新
2016年11月2日 更新

1.著作者及び使用許諾権者について

本ソフトウェアWEADAC(以下,本ソフトウェアと呼びます)ならびに付属する解説書の著作者は,以下の2名です。これら2名の著作者を,以下では単に「著作者ら」と呼びます。著作者らの代表者は,赤坂 裕です。
赤坂 裕
武田和大
本ソフトウェアの使用許諾権者は株式会社気象データシステムであり,使用許諾および本「使用許諾契約」の変更などの事務手続きは使用許諾権者が担当します。

2.ライセンスキーの発行及び更新について

本ソフトウェアはダウンロード時点においては無料の「試用版」(機能制限)であり,所定の料金をお支払いいただいたお客様に「フル機能版」とするためのライセンスキーをお送りします。使用許諾権者は,本「使用許諾契約」の内容にすべて同意される場合に限り,お客様が本ソフトウェアを使用することを許可します。お客様が本「使用許諾契約」の内容に同意されない場合,無料版・有料版を問わず,使用許諾権者は,お客様が本ソフトウェアを使用することを許可いたしません。なお,ライセンスキーの有効期限は1年間です。期限切れ前に更新手続きと支払いをお済ませになったお客様には,ライセンスキーを再発行します。また,本使用許諾契約において,「お客様」とは使用許諾権者がライセンスキーを発行した者をいいますが,本使用許諾契約では,お客様及びお客様と同じ部署等に所属するお客様以外の2名までの者(お客様等と呼ぶ)が,4.1(1)のコンピュータで本ソフトウェアを使用することを認めています。

3.本「使用許諾契約」の位置づけについて

3.1 一般条項

本「使用許諾契約」に係る事項は,日本国の法律を準拠法とし,それに従って解釈されるものとします。

3.2 本「使用許諾契約」の変更

本「使用許諾契約」は,お客様と使用許諾権者の双方が署名した書面によってのみ,その内容を変更することができます。

4.許可事項及び禁止事項について

本ソフトウェアは,著作者らの所有物であり,著作権法によって保護されています。著作者らは,本ソフトウェアのうち,各人の作成した部分に対して所有権を引き続き保持しますが,本「使用許諾契約」に同意していただいたお客様には,使用許諾権者が本ソフトウェアの一定の使用権を設定します。この使用権によって設定されるお客様に許可される事項(許可事項),お客様が行ってはならない事項(禁止事項),及び本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの扱いに関する規定は以下の通りです。

4.1 許可事項

(1)本ソフトウェアを特定の1台のコンピュータで使用すること。

4.2 禁止事項

(1)本ソフトウェアに関して,使用許諾権者を介した契約なしに,その使用権を再設定したり,賃貸またはリース契約をしたりすること。
(2)本ソフトウェアのうち,ソースコードの公開されているもの以外のソースコードを調べたり,リバース・エンジニアリング,逆コンパイル,逆アセンブル,修正,翻訳,その他の試みを行ったりすること。
(3)本ソフトウェアのバージョンアップ用の媒体,または以前のバージョンとそっくり置き換えられる新バージョンを受け取った場合に,その後も本ソフトウェアの以前のバージョンを使用すること。

4.3 本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの扱い

(1)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,他のソフトウェアの入力データとして使用することを認めます。但し,そのソフトウエアをお客様等以外の者に使用させる場合は,原則として別途ライセンス契約が必要となりますので,そのような場合は使用許諾権者にお問い合わせください。
(2)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータの一部を,説明の必要上,報告書や論文等に掲載することを認めます。ただし,データの掲載そのものが報告書や論文の主たる目的でない場合に限ります。本ソフトウェアから出力されたデータを掲載する場合には,本ソフトウェアから出力されたデータであることを明記して下さい。
(3)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,体系的に整理して公表することは認めません。
(4)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータを,お客様等以外の者が保持したり使用したりすることは認めません。

5.保証について

著作者らは,本ソフトウェアに法律違反・権利侵害が存在しないことを保証します。この保証内容に違反する事態が生じた場合のお客様への対応については,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者が協議の上,決定するものとします。上記の保証が,お客様に対する保証のすべてです。本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者は,このソフトウェアがお客様の特定の目的にかなうことやお客様が本ソフトウェアに必ずや満足されることを保証するものではありませんし,本ソフトウェアの操作中にオペレーションシステムによる割り込みが発生しないことや本ソフトウェアの内容にまったく誤りがないことを保証するものでもありません。また,本ソフトウェアの配給媒体に欠陥がないことも保証することはありません。

6.損害賠償について

著作者らおよび使用許諾権者は,特定の損害,間接損害,その他類似の損害に対する一切の責任を負いません。そのような損害には,本ソフトウェアの使用によって,お客様が何らかの利益を受け損なったり,データが消失してしまった場合や本ソフトウェアが使用不能になったりした場合も含まれます。そのような損害が生じる可能性について,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者が以前から警告していたとしても,損害に対する責任を負うことはありません。お客様は,本ソフトウェアの著作者らおよび使用許諾権者に,損害賠償を求めないものとします。

7.本ソフトウェアで得られたデータ類の本「使用許諾契約」終了後の扱いについて

(1)本「使用許諾契約」の期間中に,本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータ類は,契約終了時に当該コンピュータから消去する必要はありませんが,そのような場合も,4.3(2),(3),(4)の条件は満たさなければなりません。
(2)本ソフトウェアを使用してコンピュータに蓄えられたデータ類を,契約終了後に他のソフトウェアの入力データとして使用する場合は,原則として契約の更新が必要になります。

8.本ソフトウェアのホームページについて

本ソフトウェアに関する情報は,以下のURLに示す株式会社気象データシステム(MDS)のホームページをご覧ください。
株式会社気象データシステム(Meteorological Data System Co., LTD.)
URL : http://www.metds.co.jp/

9.お問い合わせについて

本ソフトウェアに関するお問い合わせは,E-mailにて下記までお願いいたします。MDSのホームページにはお問い合わせのフォームがありますので,ご利用ください。(電話,FAX等でのお問い合わせは受け付けておりません。)
E-mail : ea@metds.co.jp

上記の使用許諾契約に同意しますか?同意される場合にのみダウンロードページに移動できます。

バナー

WEADACフル機能版をご希望のお客様へ

  1. ダウンロードされた試用版を用いて購入申込キーを作成してください。
    注)購入申し込みキーはWEADACを使用するパソコンで作成してください。
  2. お客様情報及び作成した購入申込キーを以下注文フォームに記載し、送信してください。
  3. 弊社が指定する銀行口座を連絡いたしますので、その口座にお振り込みください。振込手数料はお客様負担でお願いします。
  4. お振り込みを確認次第、ライセンスキーの発行を行い、メールにてお知らせします。
  5. ご購入されたライセンスキーは「購入申込キーを作成されたパソコン」でしか使用できません。
  6. 試用版の所定の画面でライセンスキーの入力を行うことで、フル機能版として使用することができるようになります。
    注)ライセンスキーの有効期限は1年間なので、それ以降ではフル機能版の使用はできなくなります。継続して使用される場合には別途お申し込みください。

製品価格(消費税・送料込み)
WEADAC フル機能版54,000

バナー

WEADACフル機能版継続使用をご希望のお客様へ

  1. こちらではフル機能版の継続使用を受け付けています。継続使用をご希望のお客様は下記継続使用のお問い合わせ先へご連絡ください。継続使用のお問い合わせ先:ea@metds.co.jp
  2. 弊社が指定する銀行口座を連絡いたしますので、その口座にお振り込みください。振込手数料は、お客様負担でお願いします。
  3. お振り込みを確認次第、ライセンスキーの発行を行い、メールにてお知らせします。
  4. ご購入されたライセンスキーは購入申込キーを作成されたパソコンでしか使用できません。ライセンスキー発行後はいかなる理由があっても新たなライセンスキーを発行することはできません。ご了承ください。
  5. 試用版の所定の画面でライセンスキーの入力を行うことで、フル機能版として継続して使用することができます。
    注)継続後のライセンスキーの有効期間も発行後1年間なので、それ以降ではフル機能版の使用はできなくなります。継続して使用される場合にはお手数ですが再び継続の申込みをお願いします。