拡張アメダス気象データのWindows7,Windows8での使用について

Question

拡張アメダス気象データはWindows7,Windows8で使用できますか?

Answer

2016年11月より販売を開始した、拡張アメダス気象データププログラム(基本セット、拡張セット1、拡張セット2 ※)は、新OS「Windows10」に正式に対応しました。現行製品のプログラムは、旧OS「Windows7、Windows8」上でも、正常に動作することを確認しておりますが、動作保証はいたしかねます。

なお、過去に販売してきたプログラムには、2005年より販売していたもの、また、2013年より販売していたものの2種類あります。2013年より販売してきたプログラムについては,Windows7(Service Pack1以降)・Windows8の日本語版と英語(US)版での動作を保証しています。また、パソコンによって動作状況が異なるため動作の保証はできませんが、Windows XPでの正常動作を確認しています。

2005年より販売していたプログラム、つまり「拡張アメダス気象データ1981-2000」の書籍に添付のプログラムはWindowsXPまでの動作を保証しています。 Windows Vista以降のOSにインストールする場合、デフォルト設定のままだと正常に動作しないことがあります。これは、デフォルトでインストールされるフォルダー「Program Files\AMeNET」または「Program File(x86)\AMeNET」のフォルダー属性がそれより前のOSと異なり、通常使用時に読み込みにしか対応しない仕様に変更されたためです。対策として、一般ユーザーが読み書きできる全く別のフォルダー「C:\AMeNET」等にインストールする方法があります。このインストール手法により、Windows Vista以降のOSでも動作可能であることを確認をしております。とはいえ,その動作を保証することはできません。

よくあるQ&A 一覧に戻る