DLCの概要

DLCとは

DLC(Design Load Calculation)とは、拡張アメダス気象データ(EA気象データ)から作成された国内約840地点の設計用気象データ、及び、WEADACが出力する世界3726地点の気象データのテキストファイルを読み込んで、空調設備設計用の熱負荷を計算するプログラムです。DLCは、建築設備設計基準(注1)に準拠した熱負荷計算を行っています。この計算法は、冷房負荷に関しては構造体の熱容量を考慮した非定常計算であり、暖房負荷に関しては定常計算です。熱負荷計算を実施するには計算対象室の熱負荷計算用データを作成しなければなりません。そのため、DLCには熱負荷計算を行う室データの作成を支援するエディタを有しています。また、附属プログラムDLC_SUMにより、ユーザが指定する任意の室の熱負荷を空調ゾーンや建物全体で集計することができます。

DLCの最大熱負荷をLCEM(Life Cycle Energy Management)ツール(注2)に適用することにより、LCEMの枠組みの中で、空調システムを対象としたライフサイクルエネルギーマネジメント評価をおこなうことも可能です。


以下のサイトマップから詳細な情報ページに移動できます。DLCのページには使用法と応用例を掲載しました。また、ご利用案内のページから、試用版のダウンロード案内、ライセンス契約等の情報を閲覧していただけます。