拡張アメダス気象データ(EA気象データ)概要

拡張アメダス気象データとは

「拡張アメダス気象データ(EA気象データ)」は、気象庁の地域気象観測所(アメダス)で観測された気象データの欠測を補充し、異常値と判断されるデータを修正し、アメダスで観測されていない気象要素のデータを補充して作成された日本全国の気象データです。EA気象データには、気温、絶対湿度、全天日射量、大気放射量、風向、風速、降水量、日照時間の8気象要素の時別値及び日別値が収録されています。1981以降のデータが整備されており、収録されている地点数は、年によって多少異なりますが840程度です。 各地点には8要素の時別気象データと標準年気象データが収録されています。さらに、各種計算処理プログラムを用いれば、斜面日射量、斜面照度、光合成有効放射、紫外線、地中温度等のデータを追加することも可能です。EA気象データは、以下のような幅広い分野の学習、研究、実務に応用できます。

・住宅や事務所ビルの熱負荷
・室温変動計算の入力気象データ
・空調システムシミュレーション用入力気象データ
・住宅の省エネルギー基準、性能表示制度(温熱環境)の評価用気象データ
・パッシブシステム、太陽・風力エネルギー利用システムのシミュレーション
・環境共生建築の企画、配置
・建築計画、自然エネルギー導入可能性評価
・バイオマスの生産予測シミュレーション ・気候、気象の健康影響評価

豊富な収録地点・収録データ/プログラム


このマップは、標準年EA気象データ2010年版に収録されている836地点をプロットしたものです。EA気象データの1981年から2010年までの30年間における地域別の収録地点数を【表1】に示します。都道府県ごとの地点数は、「技術解説・マニュアル」→「拡張アメダス気象データ」→「基礎知識」→「第3章 DVDに収録したファイルの一覧及びその概要 」をご覧ください。各地点には【表2】に示す基本8要素の気象データが収録され、時別値、日別値、平均的な1年間(標準年)の時別値、日別値が利用可能です。プログラムEA Data Naviにより計算で追加が可能な気象要素等を【表3】に、EAグラフィックツールに含まれるプログラム類と各プログラムの機能の概要を【表4】に示します。

【表1】地域別・都道府県別の収録地点数
地域 1981~2000年 2001~2007年 2008~2010年
北海道 162 160 160
東北 146 145 145
関東 80 78 77
中部 145 145 145
近畿 71 70 69
中国・四国 116 116 116
九州・沖縄 122 122 119
合計 842 836 831

【表2】拡張アメダス気象データ(EA気象データ)の基本8気象要素
気象要素 気温 絶対湿度 全天日射量 大気放射量 風向 風速 降水量 日照時間
時別値の単位 g/kg(DA) MJ/(m2h) MJ/(m2h) 16方位 m/s mm/h h/h
日別値の単位 g/kg(DA) MJ/(m2day) MJ/(m2h) 16方位 m/s mm/day h/day

【表3】EA Data Naviにより追加できる気象要素等
気象要素 太陽高度角
太陽方位角
直達日射量
天空日射量
斜面日射量
夜間放射量 天頂輝度 全天照度
直達照度
天空照度
斜面照度
紫外線A(全天)
紫外線A(直達)
紫外線A(天空)
紫外線A(斜面)
時別値の単位 ° MJ/(m2h) MJ/(m2h) kcd/m2 klx kJ/(m2h)
日別値の単位 - MJ/(m2day) MJ/(m2h) kcd/m2 klx kJ/(m2h)
気象要素 露点温度 相対湿度 高度補正
風速
地中温度 紫外線B(全天)
紫外線B(直達)
紫外線B(天空)
紫外線B(斜面)
PAR(全天)
PAR(直達)
PAR(天空)
PAR(斜面)
時別値の単位 % m/s 0.01kJ/(m2h) micro mol/(m2s)
日別値の単位 % m/s 0.01kJ/(m2h) mol/(m2h)