設計用気象データ

公開している設計用気象データについて

空調設計用気象データには、1981~2000年の20年間 EA気象データに基づく842地点のもの(2000年版設計用気象データ)と、1981~2010年の30年間EA気象データに基づく836地点のもの(2010年版設計用気象データ)があります。それぞれのEA設計用気象データには、空調設計用最大負荷計算に必要な、気温、絶対湿度、法線面直達日射、水平面天空日射、水平面夜間放射、風向、風速(7気象要素)の1日分の時刻別値が用意されています。

この空調設計用気象データには、下表のように、地点別に、暖房設計用6タイプ、冷房設計用5タイプ、計11タイプがあります。


上記の暖房用6タイプ、冷房用5タイプの設計用気象データの中からどれを選ぶかは、ユーザーによりますが、ユーザーの選択を支援し、選択した地点の11タイプのデータを一括してファイルから呼び出してユーザーのパソコンに出力するツールがDsnNavi(設計用気象データ・ナビゲーションプログラム)です。DsnNaviはフリーのツールです。ご使用を希望される方は、設計用気象データの使用許諾契約書(PDFファイル)及びソフトウエアマニュアル(PDFファイル)をご覧の上、ダウンロードし、使用許諾契約にしたがってご使用いただけます。

この空調設計用気象データは、

1)(一社)建築設備技術者協会(JABMEE)からリリースされているNewHASPのフォーマット(先頭行付、気象データは4カラム表示)にしたがって作成されており、HASP類のプログラムで使用できます。

2)(一財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)からリリースされているBEST(The BEST Program)で使用されています。

設計用気象データ ダウンロード

設計用気象データは、無料でダウンロードして使用することができます。ただし、以下の使用許諾契約にご同意いただく必要があります。

使用許諾契約 設計用気象データ

HASPEEの設計用気象データの提供

空気調和・衛生工学会から公開されている『試して学ぶ最大熱負荷計算プログラムHASPEE』に附属する設計用気象データはHASPEEでのみ使用することができますが、弊社とライセンス契約(拡張アメダス気象データのフルライセンス契約または成果物公開のライセンス契約)を結べば、HASPEE以外での使用も可能です。契約をご希望の場合は、弊社「お問い合わせフォーム」(弊社ホームページ右上に設置)よりお問い合わせください。なお、以下よりHASPEE設計用気象データのサンプルをダウンロードしていただけます。