WEADACとWEADAC_DLCの概要

WEADACとは



収録地点情報ページへ

室内環境を維持するためのエネルギーは有限で、地球環境保全のためには周辺地域との共生が求められます。省資源・省エネルギーに配慮した、地球環境にやさしい建築づくりを実現するためには、その土地の気候風土を理解し、その特徴を生かした空調計画を立案することが基本となります。

世界各地の気候風土を考慮した空調計画を行うには、その土地の気候を客観的な数値で表す気象データが必要です。ここでいう空調計画とは、冷暖房装置設計のための設計熱負荷計算、及び年間エネルギー消費量を検討するための月別の平均熱負荷に基づく空調計画を意味しています。

WEADAC(Weather Data for Air-Conditioning )とは、熱負荷計算に必要な世界の気象データを作成するプログラムです。WEADACは、内蔵した世界3726地点のソースデータをもとに、選択された地点の冷暖房熱負荷計算が可能な気象データを作成します。

本ホームページには、WEADACに搭載した全地点のリストを公開しています。地点リストには、英国気象局のデータを基準としたBMOと、日本の気象庁のデータを基準にしたJMAの2つがあります。これらの地点リストには、全地点の地点番号、その地点が存在する大陸名と国名、地点名、その地点の緯度・経度、標高、及びグリニッチ標準時よりの時差が登録されています。

WEADAC_DLCとは

WEADAC_DLC(Design Load Calculation)とは、WEADACが出力した地点の気象データのテキストファイルを読み込んで、空調設備設計用の熱負荷を計算するプログラムです。WEADAC_DLCは、建築設備設計基準(注1)に準拠した熱負荷計算を行っています。この計算法は、冷房負荷に関しては構造体の熱容量を考慮した非定常計算を、暖房負荷に関しては定常計算を行っています。熱負荷計算を実施するには計算対象室の熱負荷計算用データを作成しなければなりません。そのため、WEADAC_DLCには熱負荷計算を行う室データの作成を支援する機能を有しています。また熱負荷計算結果をグラフ表示する機能も有しています。

附属プログラムDLCSUMにより、ユーザが指定する任意の室の熱負荷を集計することができます。WEADAC_DLCの最大熱負荷をLCEM(Life Cycle Energy Management)ツール(注2)に適用することにより、LCEMの枠組みの中で、空調システムを対象としたライフサイクルエネルギーマネジメント評価をおこなうことも可能です。

WEADACの地点リストは以下のPDFファイルに掲載しています。

以下のサイトマップから詳細な情報ページに移動できます。収録地点情報のページには地点リストとマップを掲載しています。WEADAC、DLCのページには使用法と応用例を掲載しました。また、ご利用案内のページから、試用版のダウンロード案内、ライセンス契約等の情報を閲覧していただけます。