WEADAC

WEADACで作成可能な時別気象データ


WEADACでは、目的都市付近の緯度・経度を入力するだけで、冷房設計用気象データ、暖房設計用気 象データ、月代表日気象データを作成できます。これらのデータには、1時間毎の気温、湿度、日射量、 夜間放射量、風向・風速、太陽位置が含まれています。

WEADACによる任意都市の気象データ作成方法

WEADACの地点の検索

図1(1)の画面で、ユーザは、WEADACの2つのデータベースのうちのどちらを使用するかを選択します。選択したデータベースから、ユーザが特定の地点を選択する方法は2つあります。一つはユーザが任意の緯度・経度を入力する方法です。緯度経度を入力し、『検索』をクリックするとWEADACは、入力された緯度・経度に近接する10の候補地点をコンピュータの画面に表示します。もう一つはユーザが地点番号を入力する方法です。この場合はその番号の地点と近接地点をコンピュータの画面に表示します。表示地点数は初めの方法と同じで10地点です。どちらの場合も、ユーザは表示された10の候補地点から1地点を指定します。

暖房月、冷房月とTACの指定

図1(2)の画面上部には、ユーザが選択した地点の暖房月と冷房月が表示されています。WEADACには暖房または冷房のどちらか一方が必要で、もう一方は不要な地点が数多く含まれています。WEADACでは最も気温の高い月を冷房月、最も低い月を暖房月と定め、必要・不必要にかかわらず、冷房設計用と暖房設計用の気象データを出力します。そのため、ユーザが冷房又は暖房だけが必要と判断した場合は、他方を無視してください。図1(2)中央部のTACとは設計用気象データの超過危険率のことで、指定したTACを超える過酷な気象条件の発生が許容されます。したがって、TACが小さいほど、厳しい設計用気象条件が出力されることになります。WEADACでは、ユーザが3つのTACを選択できるようになっています。


テキスト形式かBEST形式で出力するかの選択

『テキスト形式で出力する』を選択したのが図1(3)であり、出力したテキストファイルのヘッダー部の例が図1(4)です。テキスト形式で出力したファイルは、そのまま設計負荷計算プログラムWEADAC_DLCの入力気象データとして使用することができます。WEADACでは、BEST(建築省エネルギー機構 (IBEC)が公開している建築物総合エネルギーシミュレーションツール)用のフォーマットで気象データを出力することもできます。

WEADACの使用を希望される皆様は、はじめに弊社のホームページから試用版をダウンロードしてご使用いただきます。具体的な手続きは以下サイトマップの「ご利用案内」ページをご覧ください。